気になるワキの黒ずみケアアイテムとして、今非常に話題になっているのがピューレパール!

お肌にやさしいことでも有名で、敏感肌の方々からもうれしいお声が続々と上がっています!

妊娠中・授乳中の女性でもお肌の黒ずみは気になるもの。

 

お肌にやさしいピューレパールは、妊娠中・授乳中のデリケートな時期の女性でも使えるのでしょうか?

赤ちゃんへの影響や安全性についても、しっかり確かめておきたいですよね。

そこで、今回は

 

「ピューレパールは妊娠中・授乳中に使っても大丈夫?添加物は?」

 

というテーマでご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ピューレパールは妊娠中・授乳中に使って大丈夫?

ワキだけでなく、デリケートゾーンの黒ずみの悩みまで解消できるピューレパール。

これらの黒ずみの原因は、シミの原因ともなるメラニンです。

特に妊娠中・授乳中は女性ホルモンのバランスの変化から、メラニンが過剰に作られ、黒ずみがひどくなりがち。

 

ワキや乳首などの部分は色素沈着しやすいこともあり、しっかり保湿ケアや美白ケアをしてあげたいものですよね。

だからといって、妊娠中・授乳中は長時間の施術により体に負担がかかると赤ちゃんに影響が出るおそれもありますので、

エステや美容クリニックなどの医療機関で黒ずみケアはできません。

 

そんな妊娠中・授乳中の悩みにピューレパールは果たして使えるのでしょうか?

ピューレパールの全成分表示を見てみると、保湿成分であるトリプルヒアルロン酸、コラーゲン、そして美白成分のプラセンタやビタミンC誘導体などが豊富に含まれていることがわかります。

ピューレパールはほとんどが天然由来成分でヒトのお肌に合う成分ですので、お肌にやさしくケアすることができますよ。

では本題に戻りましょう。

 

妊娠中・授乳中にピューレパールは使えるのでしょうか?

パンフレットを見てみると、妊娠中・授乳中でも使うことはできますが、かかりつけの医師に確認したうえでの使用を推奨しています。

しかし、ピューレパールは

 

赤ちゃんでも使えるほどのやさしさを追及

 

した黒ずみケアアイテムです。

ここからは私個人の意見ですが、ピューレパールほどやさしさにこだわったスキンケアアイテムが妊娠中・授乳中に使えないとなると、ほかの安価で出回っているスキンケアアイテムは怖くて使えなくなりませんか?

もちろん、妊娠中・授乳中はできるだけ母体にも赤ちゃんにも影響を及ぼさないということが大前提です。

 

ピューレパールはパラベンや合成香料、着色料などの気になる成分は一切含んでいません。

植物由来成分を主として、無添加・低刺激をモットーとして作られたピューレパールだからこそ、敏感肌の方でも使えるのですね。

ピューレパールはただ毎日塗るだけの簡単ケアですので、出産後の育児に追われている時期でも使いやすいアイテムです。

ただし、妊娠中・授乳中はホルモンバランスの変化からお肌も体調もデリケートになります。

 

普段なら問題なく使えるスキンケアアイテムでも、妊娠中・授乳中に突然合わなくなったり、肌荒れを引き起こしてしまったりすることはよくあることです。

いくらピューレパールが高い安全性とお肌にやさしいと言っても、妊娠中の女性は必ず使用する前にかかりつけの医師に相談することをおススメします。

妊娠中・授乳中の女性は、ピューレパールをデリケートゾーンや乳首に塗るのは避けましょう。

 

手で直接塗るものなので、デリケートゾーンの雑菌が繁殖してしまったり、授乳期に乳首に塗ると、ピューレパールが赤ちゃんの口に入ってしまったりするおそれがあります。

妊娠中・授乳中にピューレパールが合わなかったからと言って、その後も使えないわけではありません。

授乳が終わったら、ピューレパールを再度試してみてください。

もちろん、妊娠中・授乳中も食生活や睡眠などをしっかり整えた生活をしておくことが大切ですよ!

 

妊娠中・授乳中にピューレパールを使った場合の赤ちゃんへの影響は?

妊娠中・授乳中にできるだけ避けたい化粧品・スキンケアアイテムによく含まれる成分を以下にまとめました。

パラベン 防腐剤として使用されることが多く、有害であることが分かっており、最近では避けられる傾向にある成分です。
ハイドロキノン メラニンの生成を強く抑えることで知られており、美白ケアアイテムによく含まれていますが、非常に刺激の強い成分です。
サリチル酸 強い殺菌作用、抗菌作用を持ち、ケミカルピーリングなどにも使われる成分ですが、刺激の強いことでも有名です。
トルエン マニキュアなどにも含まれる成分で、揮発した時に独特なにおいを発します。
ビタミンA誘導体

(レチノール・レチナール・トレチノイン)

シミやシワなど、エイジングケアにぴったりの成分ではありますが、妊娠中・授乳中には避けたほうが良いとの報告があります。
一部の植物オイル 一部の植物抽出オイルは子宮収縮を促すことがあるため、注意しなければなりません。

こういった成分は流産や早産の可能性を高めたり、赤ちゃんへの悪影響や催奇形性をもたらすおそれがありますので、避けなければなりません。

しかし、ピューレパールには上記のような6つの成分やその類似成分は含まれていませんでしたので、安心して使うことができますね!

参考までに、ピューレパールの全成分をご紹介します。

有効成分
水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム

その他成分
精製水・濃グリセリン・1.3-ブチレングリコール・1.2-ペンタンジオール・2-エチルヘキサン酸セチル・ヒアルロン酸ナトリウム(2)・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム・N-ステアロイルフィトスフィンゴシン・加水分解ヒアルロン酸・セイヨウナシ果汁発酵液・サクシニルアテロコラーゲン液・タイソウエキス・セイヨウオオバコ種子エキス・コメヌカスフィンゴ糖脂質・ユズセラミド・混合植物抽出液(34)・ダイズエキス・水溶性コラーゲン液(3)・ワレモコウエキス・オウゴンエキス・カンゾウフラボノイド・トウキエキス(1)・ユキノシタエキス・シャクヤクエキス・サクラ葉抽出液・コンフリーエキス・クワエキス・コラーゲン・トリペプチド F・ヒメフウロエキス・ノバラエキス・卵黄リゾホスファチジルコリン・トレハロース・トリメチルグリシン・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン・モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン・モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)・水素添加卵黄レシチン・カルボキシビニルポリマー・水酸化カリウム・天然ビタミンE・クエン酸ナトリウム・クエン酸・エタノール・フェノキシエタノール・水酸化ナトリウム・リン酸―水素ナトリウム・リン酸二水素カリウム

 

ピューレパールを妊娠中・授乳中に使うのはやっぱり心配・・・

妊娠中・授乳中はホルモンバランスの変化から、体調もお肌も非常にデリケートな時期です。

ピューレパールの成分がいくら赤ちゃんでも使えるほどやさしいものだということが分かっても、やはり心配なものは心配ですよね。

まれにですが、アレルギーを起こしたり、肌荒れを起こしたりする方もいらっしゃいますので、そういう心配をされている方はとりあえずパッチテストをしてみましょう!

以下にパッチテストの方法を記載しましたので、参考にしてください。

 

パッチテストの方法

  1. ビーズ1粒分のピューレパールを水とよく混ぜ合わせる
  2. 二の腕の内側など、目立たない部分に10円玉程度のサイズで塗る
  3. 自然乾燥させたのち、24時間ほど様子を観察する
  4. かぶれや赤身などの肌トラブルが起きなければ、使用しても大丈夫です!

ぜひ試してみてくださいね!

 

まとめ

赤ちゃんでも使えるほどのやさしさを追求した、ワキの黒ずみケアアイテム、ピューレパール。

しかし、本当に妊娠中・授乳中の女性でもピューレパールを使用できるのでしょうか?

ピューレパールの全成分表示をチェックしてみると、赤ちゃんや母体へ悪影響を及ぼす恐れのある成分は特に含まれていませんでした。

 

しかし、妊娠中・授乳中はホルモンバランスの変化から体調、お肌ともにデリケートな時期です。

まずは使用前にかかりつけの医師にご相談されることをオススメします。

妊娠中・授乳中は赤ちゃんのためにも生活習慣を整えることを心掛け、落ち着いたらピューレパールでしっかり黒ずみケアするのが一番です!



ピューレパール最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★
夏限定ボトルバナー