ピューレパールは美ワキを目指す方々の間で非常に話題となり、評判も良いケアアイテムですよね。

ピューレパールには26種類もの保湿成分だけでなく、7種の抗炎症成分、

そして10種類の美白&サポート成分が配合されており、ワキの黒ずみの悩みを解消してくれます。

 

しかし、ピューレパールがそれだけ効果があるということは、その分強い成分が含まれているのではないかとご心配されている方もいるかもしれませんね。

敏感肌でも使えるのか、副作用が起こらないか、なども気になるところです。

そこで、今回は

 

「ピューレパールの成分は安全?それとも危険?健康被害や副作用の報告はある?」

 

というテーマでご紹介していきます。

少しでも不安の解消になれば幸いです。

 

ピューレパールの成分は危険?それとも安全?

ピューレパールの成分を分析してみました!

他のワキの黒ずみケア商品とピューレパールの違いとは何でしょう?

それはまず、成分の種類の多さでしょう!

 

ピューレパールにはたっぷりのワキの黒ずみ解消効果が高い成分が含まれているので、効果も期待できますよね。

ただし、添加物も少々ですが含まれておりますので、敏感肌や化粧品などで荒れた経験がある方は、パッチテストをしてからの使用をオススメします。

もし合わなかった場合でも、返品保証制度が適用できますので、ご安心くださいね!

 

ピューレパールの全成分とその効果をチェック!

グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用と抗アレルギー作用を持ち、肌荒れ改善、肌の再生に効果が期待できます。敏感肌用のスキンケアやニキビケアのアイテムによく配合される安心安全な成分です。
プラセンタエキス(1) ワキの黒ずみのもとであるメラニンの生成を抑制し、メラニンを輩出して白い肌へ導いてくれる成分です。豊富なビタミンやミネラルで健康的なお肌になれますよ。
精製水 蒸留やろ過、イオン交換などの方法を用いて作られた混じりっけのない純粋な水です。無色透明・無味無臭で、ドラッグストアなどでも目にした方も多いかもしれません。
濃グリセリン 保水性が高く、お肌の水分を保って皮膚にうるおいやしっとり感を与えてくれる成分です。お肌になじみやすくするだけでなく、とろっとしたテクスチャにしてくれて使用感も良くしてくれます。
1,3-ブチレングリコール グリセリンよりもさらっとした保湿性の高い液状水溶性成分です。親水性(水となじみやすい性質)を持ち、お肌をしっとりとさせてくれます。抗菌効果もあるため、防腐剤のサポートもします。
1,2-ペンタンジオール 防腐剤として使用されていたパラベンの代わりによく使われている成分です。抗菌力だけでなく、保湿力もあります。
2-エチルヘキサン酸セチル お肌の表面を柔らかくして成分が入り込みやすくするだけでなく、お肌の中の水分が蒸発しないように肌表面を保護する保湿剤としての効果も果たします。
ヒアルロン酸Na-2 元来人間の皮膚中に存在している、水分を保つ効果が高い成分として知られるヒアルロン酸。このヒアルロン酸をさらに補ってあげることで、より高い保水力・保湿力が期待でき、乾燥などの外的ダメージからお肌を保護することができます。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 「スーパーヒアルロン酸」とも呼ばれている、普通のヒアルロン酸の2倍の保水力を持ったヒアルロン酸です。肌なじみがよく、うるおいを保つ力も長時間続きます。
ステアロイルフィトスフィンゴシン 角質層の細胞間の接着や保水をして保護するバリア、そして健康な状態で保つのに欠かせない保湿成分です。
加水分解ヒアルロン酸 バイオ発酵でナノサイズにまで精製したヒアルロン酸、つまり保湿成分です。分子のサイズが非常に小さく、お肌へ浸透しやすく、水分でお肌のバリアとなるフィルムを形成します。今までのヒアルロン酸と比べて2倍以上の保水力と持続力があります。
セイヨウナシ果汁発酵液 セイヨウナシ果汁に直接乳酸菌を接種して作られたエキスです。お肌を柔らかくする効果があり、シワの改善が期待できます。
サクシニルアテロコラーゲン液 コラーゲンの中でも最高級と称され、従来のコラーゲンよりも非常に高い効果を誇る成分です。お肌に潤いを与えて保ち、若々しくみずみずしいお肌へ導いてくれます。
タイソウエキス 大棗とはナツメのことです。保湿作用や毛穴を引き締めて肌を整える作用がある糖質や有機酸をたっぷり含んでいる成分です。
セイヨウオオバコ種子エキス セイヨウオオバコの種子には高い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種である、ブランタゴサイドが豊富に含まれています。アンチエイジング効果が高く、くすみも解消してくれます。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 「コメセラミド」とも呼ばれ、メラニン生成を抑制して美しい白い肌に導いてくれます。乾燥肌や肌荒れの方にはぴったりの成分で、肌のバリア機能を正常に戻し、高める効果も期待できます。
ユズセラミド セラミドにもたくさんの種類がありますが、中でもユズセラミドはヒトセラミドに非常に近い働きをします。皮膚の保護機能の回復だけでなく、お肌の内部の保水効果があります。
混合植物抽出液(34) 5種類の植物の抽出液を混合したもので、アルファヒドロキシ酸を含んだものです。角質を柔らかくして、成分がお肌になじみやすくしてくれます。
ダイズエキス ダイズにたっぷり含まれているイソフラボンは、美白効果に優れているだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸を活性化してその効果を高めることが分かっています。
水溶性コラーゲン-4 加水分解コラーゲンとは違って、コラーゲン本来の構造を保ったままの状態で抽出されたコラーゲンです。保湿成分として有名なコラーゲンは、角質層をたっぷりのうるおいで満たし、健康的なお肌作りのサポートをしてくれます。
ワレモコウエキス 抗菌作用、消炎作用に優れており、チロシナーゼ活性阻害作用を持つため、美白作用、そして肌荒れを改善する効果が期待できます。
オウゴンエキス アンチエイジング効果だけでなく、抗炎症作用や美白効果にもすぐれているオウゴンから抽出したエキスです。
カンゾウフラボノイド 甘草というマメ科植物の根の部分から抽出したエキスです。豊富に含まれたフラボノイドの中の主成分であるグラブリジンやグラブレンが、メラニン色素の生成を抑制し、美白へと導いてくれます。
トウキエキス(1) メラニンの生成を抑えるため、シミの改善や美白作用、そして抗炎症作用や保湿効果を持つ成分です。
ユキノシタエキス 消炎作用や抗菌作用を持ち、肌荒れ改善に高い効果を発揮する成分です。また、チロシナーゼ活性阻害作用を持つので、美白効果もあります。他の抗炎症作用や美白作用を持つ成分と併用することで、相乗効果も期待できます。
シャクヤクエキス 高い抗炎症作用を持つことで知られている成分ですが、肌の新陳代謝をアップしてターンオーバーを促進し、美白効果のあることでも話題の成分です。
サクラ葉抽出液 サクラの葉から抽出したエキスです。肌荒れ改善、美白作用、黒ずみやシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きを持ちます。
コンフリーエキス 消炎作用や保湿効果が高いので、乾燥などの外的ダメージからお肌を保護し、肌荒れを予防することで有名な成分です。
クワエキス 美白剤と呼ばれることもあるクワのエキスです。メラニンの生成を抑えるだけでなく、消炎作用や保湿効果も高いため、美肌を目指す方にとっては欠かせない成分です。
コラーゲン・トリペプチド F 皮膚への浸透性が高く、非常になじみやすいだけでなく、コラーゲンの生成やヒアルロン酸の生成をサポートします。
ヒメフウロエキス お肌の細胞の基底膜を紫外線によるダメージや光による老化からしっかり保護してくれる成分です。
ノバラエキス 高い保湿効果で乾燥からお肌を守り、毛穴をきゅっと引き締めて毛穴の黒ずみを目立たなくしてくれる成分です。またキメが乱れた肌や開いた毛穴の改善効果も期待できます。
卵黄リゾホスファチジルコリン 角質層になじみやすく、細胞間脂質に浸透し、保湿効果をより高める働きを持つ成分です。
トレハロース 天然由来の糖類で、細胞の保護をするだけでなく、高い保湿力を持つことでも有名な成分です。
トリメチルグリシン アミノ酸の一種類で、高い保湿効果を持ちます。天然アミノ酸系保湿剤とも呼ばれることもある成分です。
モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン 石油系界面活性剤の一種です。クリームや乳液などの乳化剤として用いられることが非常に多い成分です。
モノパルミチン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E,O) クリームやファンデーションの乳化剤としてスキンケアや化粧品に広く用いられている成分です。乳化作用、可溶化作用、分散作用を持ち、安定性にも優れている界面活性剤の一種です。
水素添加卵黄レシチン 食品や化粧品、医薬品などにも広く使われている天然由来の乳化剤の一種です。
カルボキシビニルポリマー 化粧品をゲル化させるために配合されることの多い成分です。非常に安全性が高く、透明性の高い良いゲルを作ることができます。
水酸化カリウム 皮膚の表面をやわらかくする作用だけでなく、pHを調整する働きもあり、製品の安定化に一役買っている成分です。
天然ビタミンE この天然ビタミンEは植物油から直接抽出して酢酸を加えて安定化させた成分です。肌荒れ予防だけでなく。肌荒れの改善にも効果があることで有名です。
クエン酸ナトリウム きゅっとお肌を引き締め、毛穴が目立たなくする効果と、高い保湿効果のある成分です。
クエン酸 製品の劣化を防ぎ、安定させる効果がある成分です。酸化防止効果、収れん効果もあり、お肌のpHを整えて生き生きとしたお肌を叶えてくれます。
エタノール 毛穴を引き締める収れん効果はもちろんのこと、化粧品の防腐剤としての効果も果たしている成分です。
フェノキシエタノール 玉露の揮発成分中に含まれた天然由来の防腐剤として、化粧品やスキンケアの酸化防止のために配合されることの多い成分です。グリコールエーテルというアルコール成分の1種に分類されています。
水酸化ナトリウム 皮膚をなめらかでやわらかくする作用をもち、そしてお肌のpHを整え、健康なお肌に導いてくれる成分です。
リン酸一水素ナトリウム 水と油を均一に混ぜ合わせる、乳化をスムーズに行うための乳化剤として配合されることの多い成分です。
リン酸二水素カリウム リン酸一水素ナトリウム同様、乳化を促進する乳化剤としての働きを持つ成分です。

以上の表においては、上から含有量の多い順に並んでおり、配合量が1%以下の成分は順不同となっております。

少し気にかかる成分は、フェノキシエタノール、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、エタノールあたりですよね。

毒性のあることで知られているフェノキシエタノールは、防腐剤として配合されています。

しかし、微量ですので問題はないとされています。

 

モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタンは、石油系界面活性剤の1つですので、敏感肌の方としては副作用が気になるところですよね。

石油系界面活性剤は肌のバリア機能や保護機能を破壊する恐れがあるということが広く知られています。

ただし、化粧品に含まれている量は非常に微量なので、特に問題なくお使いいただけるでしょう。

エタノールも微量ではありますが配合されていますので、アルコールでかぶれた経験のある方は、使用前にパッチテストを行うようにしましょう。

 

ピューレパールの副作用や健康被害とは?

ピューレパールは医薬部外品に分類されています。

医薬部外品ということ、そして口コミなどを見て効果が非常に高いことがわかりますので、

何か強い成分を使っているのではないかと心配される方もいらっしゃる方もいるかもしれませんね。

 

しかし、実際のところピューレパールは、赤ちゃんでも使えるほどの優しい成分にこだわりぬいて作られた黒ずみケアアイテムです。

ワキの黒ずみだけでなく、デリケートゾーン、全身にくまなくお使いいただけるピューレパールを使って、副作用や健康被害が生じたという報告は今のところありませんでした。

副作用や健康被害の心配なくお使いいただけるのは、非常に大きなポイントですよね。

 

敏感肌でもピューレパールは使える?

先ほど、ピューレパールは赤ちゃんでも使えるほどやさしい成分にこだわって作られたケアアイテムです。

そのため、敏感肌の方も安心してお使いいただけます。

 

  • 合成香料
  • 合成色素・着色料
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

 

などの肌に悪い影響を与えるおそれのある成分はすべて無添加となっています。

また、ピューレパールは厳しい品質管理のもと製造されています。

ワキの黒ずみに高い効果を発揮するだけでなく、ピューレパールは徹底的にお肌にやさしい成分についてもこだわっているんですね!

 

万が一の場合に、ピューレパールは全額返金保証制度もあり!

副作用や健康被害の報告もなく、敏感肌の方、そして赤ちゃんまで使えるほどやさしい成分にこだわり抜いたピューレパール。

ただし、他のケアアイテム同様、すべての方で異常が出ないというわけではありません。

万が一お肌が荒れたり、かぶれたりしてしまった場合は、25日間の全額返金保証制度を利用することができます。

 

返金保証制度が適用される場合は、返送の際に商品容器、商品の箱、お買い上げ明細書が必要となります。

これらは捨てずにきちんと保管しておくことをオススメします。

お肌の敏感な方でも、気兼ねなくお試しできる全額返金保証制度があるのはとても魅力的ですよね。

 

まとめ

ワキの黒ずみケアアイテムで、しっかり効果を感じている方が多いことでも話題沸騰中のピューレパール。

それだけ効果があるということは

 

  • 強い成分を使っていることの裏返しではないか?
  • 副作用や健康被害が生じるのでゃないか?

 

そんな心配をしている方に朗報です!

ピューレパールは効果のある成分だけでなく、赤ちゃんや敏感肌の方でも安心して使えるよう、やさしい成分にこだわり抜いて作られています。

また、万が一お肌に合わなかった場合のために、全額返金保証制度もありますので、安心してお試しすることができますよ。

ピューレパールを検討されている方は、ぜひ最もお得な公式サイトの定期購入コースをご利用くださいね!



ピューレパール最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★
夏限定ボトルバナー